新着情報

後悔しないお家づくり

近年では新築一戸建ての購入を検討している人が増えているようです。しかし、決して安いものではないですし安易に購入をしようとすると失敗してしまうリスクが高まります。「どういった手順で購入をしたらいいのか分からない」という方は情報収集をしっかりと行ないましょう。

マイホームを手に入れるためにもしておくといいこと

イメージを明確にする

どんな生活をイメージしているか家族で話し合いましょう。どんな所に住みたいか、交通の良さ、部屋の広さはどれくらいがいいかなど、紙に書いてまとめておけば、住みたいお家のイメージがどんどん定まってくるはずです。

住宅づくりの勉強・情報を集める

住宅購入に関する本やウェブサイトなどで勉強をしておくと、効率よく情報を集めることが出来ますよ。住宅パンフレット・雑誌、ポータルサイトなどを活用して情報をチェック!お家デザインの参考になるので様々な物件を調べておくべし。

資金計画を立てておこう

家族の人生設計や将来を考えて、無理のない健全な資金計画!まずは、購入金額や税金、その他の費用の支払いなど必要になるお金はどれくらいなのか把握しておくといいです。その後、利用できる住宅ローン、借入額、毎月の返済金額も調べておきましょう。

慎重に業者選びをしよう

資金計画をしっかりと立てたら、さっそく注文住宅づくりを任せる業者選びをしましょう。スタッフの対応は丁寧か、信頼できるか、取引実績はたくさんあるかどうかインターネットを使って徹底リサーチ!

建築状態を見に行く

施工が始まったら、全て業者に任せるだけではなく自分の目でもどういった状態なのか見ておきましょう。管理者が丁寧に説明をしてくれるので不安や疑問があればその際に聞いてみるのもアリ!

お家を建てるときに何を重視するの?ランキングをチェック♪

no.1

耐震性

多くの人がお家づくりで重視したいこと、それは「耐震性」です。大地震が起きたとしても、対応できるように耐震性能が非常に高いお家に住みたいという人がどんどん増えています。

no.2

二世帯住宅

2位にランクインしたのは二世帯住宅。一緒に住むことで、家族の安全・健康をいつも確認できますし、光熱費や住居費などの料金を最小限に抑えられるという利点が実感できるはずです。

no.3

長期保証・アフターサービス

お家を購入するこということは人生で最も大きな買い物といっても過言ではありません。長く住み続けるからこそ、長期保証やアフターサービスがついている方がいいと言われています。

no.4

プラン・間取り

家族みんなが集まるリビングルームは明るく風通しの良い間取りにしたい、収納スペースのお家にしたいなど、過ごしやすい間取りを重視する人が多いようです。太陽光発電システムを取り入れられるプランも設けている業者もありますよ。

no.5

気密性・断熱性

夏は涼しく快適に、冬は暖かく過ごせるような気密性・断熱性を重視する人も増加中。これらを重視すると、冷暖房コストを大幅に削減することが出来るかもしれません。環境にも優しいですよ。

業者の選び方をチェック!

住宅

良い面からの選び方

・工法(自分の作りたい家はどの業者ならできるか)
・費用(安い所、高い所では同じ注文住宅といったとしても3倍近く費用が違ってきます)
・デザイン性(お洒落なお家に住みたいなど)
・構造(例えば、雪が多い地域で注文住宅づくりをするなら雪の重みに負けない構造、地震が多い地域は耐震性に優れている構造など)
これらが基準になります。

こんな業者はなるべく避けるべし

知識が浅い、説明が下手質問に対して分かりやすく、明確な答えが返ってこない場合は会社のレベルも低い可能性アリ。誠実な対応をしてくれる業者を選びましょう。情報を一切出さない非常に危ないです。利用者をだまそうとする悪徳業者も厚木ではいるので、このようなスタッフに当たった場合は変更もしくは依頼先を変えるといいですね。契約をせかす「契約を結んでしまえばこっちのもの!」という業者もあるようです。かなり悪質なので、どんなにせかされても納得いっていないならハンコを押さないようにしましょう。

広告募集中